デトランスα 手足用 副作用

デトランスαの手足用に副作用はあるのか?

デトランスαの副作用

デトランスα 副作用

デトランスαの手足用には副作用はあるのか?
口コミでは「デトランスαを使ってかゆみが出た。」
という意見が多かったですが、特に私は何も感じなかったです。

 

デトランスαは手足用とわき用がありますが、
副作用が多く報告されているのが「わき用」でした。

 

毎日塗ると「わきがかゆくなる」といった口コミが結構ありました。

 

海外製のデオドラントで、効果がかなり強いので日本人だと
副作用を発症してしまう体質の方がいるようです。
(塗る頻度を下げればかゆみはなくなるようです。)

 

副作用が目立っているのは「わき用」で、手足用に関して
調べてみましたが目立った副作用はなかったです。手足の皮膚は
体の中でも硬くて厚い部分なのでかゆみを発症しづらいです。

 

 

私の場合は、強いていえば皮膚が固くなった感覚があるような気がします。
まぁ、効果があるのであまり気になりませんが^^

 

副作用の原因となる成分

デトランスα 副作用

デトランスαの汗を止める効果のある成分が「塩化アルミニウム」です。

 

塩化アルミニウムは皮膚科での多汗症治療にも用いられます。通常、
使用する際は、そのまま使うと効果が強いのでエタノールで中和されます。
もちろん、デトランスαもエタノールで中和されています。

 

飲まない限り安全性は高いです。しかし、まれに体質に
合わずかゆみなどの副作用を発症してしまう人がいるようです。

 

デトランスαは塩化アルミニウムがエタノールで中和されている
混合ローションなので安全性は高いですが、もし、かゆみが
あったら使用を中止したり使用する頻度を控えたほうがいいかもしれません。

 

皮膚科でも使われるほどの安全性なので基本的には
安全なデオドラントと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

矢印

ボタン